2006年10月17日

あるがままに生きる

今日は小林正観さんのことではありませんが

無関係でもありません。

正観さんも足立幸子さんのことはご存知ですし。

小林正観さんのファンの方にも足立幸子さんのファンの方が多いです。

足立幸子さんプロフィール



足立幸子さんはもうお亡くなりになっており
直接お話を聞くことはもうできません。

この一冊の本が唯一残されているものです。

小さな一冊ですがとても中身の濃いものです。

私はこの本を読んで「あるがまま」という意味が少し理解でき

また「あるがまま」でいいんですね。と思いました。



ある方が姓名判断をしたいと思うがどうしたら良いだろうか?との

質問に足立さんはこう答えておられます。

名前さえも、意味なくついてはないのですよ。
苦労する名前だったら、それはそういった苦労を味わうために地球に
きたのですね。
「苦労するというのは、どういうことだろう?」と味わいたいから
そういう名前をご自分が選ばれたのです。
だから、しっかり味わったほうがよろしいですね。

名前を変えるなんて逃げですよ。

逃げないで、シッカリ味わってクリアーしたほうがいいですね。
クリアーしたらすごく楽になります。


これは正観さんの仰るシナリオを書いて生まれてくるということです。

私も姓名判断で改名したほうがいいのかしら?などと

調べたこともありました。

しっかり味わうことは辛いです。

逃げたくなります。

逃げて楽になったつもりでいても

結局「形」を変えてそれはやってくることなんですよね。

私の課題はまだクリアできてませんけど

少しへこたれた時、足立さんのこの本を読むと

また道が開かれた思いがする一冊なのです。


波動を上げる3つの条件についても書かれています。
これは必読です。

ビジネス書ではありませんが、ビジネスにも役立つ一冊です。

小林正観さんとは違う意味で

新しい発見があると思います。

ものの見方道の参考にもなる本に違いないでしょう。


posted by むらさき358 at 10:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | 足立幸子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。