2007年11月16日

「目からウロコで目が点」

先日の講演会の書籍販売で

斉藤暁さんの

「目からウロコで目が点」という本を求めました。

斉藤暁さんは、正観さんの本の表紙や挿絵を担当されている方です。

一番正観さんに近い存在かな〜と私は想像しています。

まだお若い方ですが、正観さんと同様

とても透明感のある方です。

その斉藤暁さんが正観さんと関わりのなかでの

気付きや楽しいエピソードなとを書いておられます。

その中に

正観さんが守護霊さんにあることを尋ねられたそうです。

正観さん「どんなに頑張っても努力しても、時が来るまで解決できないことはどれくらいですか?それは10%ですか?」

答えは「ノー」だった。

正観さん「では20%ですか?」答えは「ノー」

「では30%ですか?40%?50%・・・90%?」

答えはすべて「ノー」

正観さん「え〜〜もしかして100%なのですか?」と聞いたら

答えは「ピンポーン、ピンポーン」だったそうです。

「努力して頑張って必死になって人の5倍・10倍・20倍努力しても
まだ来ないものは来ない」と守護霊さんは教えてくださったそうです。


この話を読んだ時、

スコーーンと脳天を突き抜けました。

それだったら、時がくるまでくよくよしないで

「そ・わ・か」でやり過ごしたほうが楽しいですよね。


時が来るまで

「お任せ」です。



この斉藤暁さんの本はアマゾンでも探したのですけど

ありませんでした。

ぜひ講演会に参加されるか、全国のうたしショップで

販売しておられるようです。


今日もここへ立ち寄って下さって

ありがとう





posted by むらさき358 at 14:10 | Comment(13) | TrackBack(0) | 斉藤暁さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

斉藤暁さん講演会

昨日は、小林正観さんの著書の表紙と挿絵を描いておられる

斉藤暁さんの音楽書き(おんらくがき)パフォーマンス講演会でした。

去年から待ち焦がれていた方だったのです。

去年斉藤さんの原画を購入させていただき

ぜひ、お会いしたかったのです。

音楽を流しながら絵を描かれるのですが

最初の気合というか、最後まで息を呑んでのパフォーマンスでした。

語り口もさすが、正観さんに見込まれた方だけあって

柔らかくて優しくて本当にすばらしい人だなあと思いました。

二次会の食事会では同じテーブルを囲むことができ

この際?とばかりにいろいろ質問攻めにしてしまいました。

実はこのとき、斉藤さんが座られるだろうと予測したテーブルに

居たのですが、なんだか図々しいかなと思い

移動したところへやってこられたのです。

私、ツイてました。笑

今までの経歴も実にユーモアたっぷりで

人生ってこうやって楽しくしてれば

道は開けるんだなぁ〜と言うことを教えてくださいました。


講演の時、仰ったことは

自分はどんな時も関わっている人に対して

丁寧に対応するということを心かげています。と

年下の人にもこうだし、実は学生の頃から同じ語り口なんです。と

年齢に関係なく、同じ丁寧な対応ができるって

すごいなと関心しました。

楽しい時間はあっという間にすぎ

帰宅したのは12時だったのに

疲れるどころか、うきうきらんらん♪で家路に着きました。

魂がきれいな人ってこんなにも人を

幸せな気持ちにさせてくれるんだぁ


私も少しでもそういう人間に近づきたいと思いました。

お土産は、暁さんの原画一枚と

正観さんプロデュースSKPのパジャマを主人用に一枚買いました。

原画は主人の部屋に飾りました。

主人にぴったりの言葉が書いてあったのです。




posted by むらさき358 at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 斉藤暁さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。