2006年09月25日

はやらない店でお金を使うこと

正観さんの本を読んで
実践しやすいことは、やはりお金についてです。

夢や希望のない生活と、言えども
お金は大事です。

大事だから、大切に使いたいと思っています。


正観さんは

おいしい店、有名なお店に並んでおいしいものを待って食べるということは
自我、エゴの塊でしかありません。

その有名な店の2.3軒隣には、必ずお客さんが入ってない店があります。
この店はまずくて、愛想も悪いかもしれません。でもこのような
お客さんが入っていない店に入ってあげてください。

一日に2000人のお客さんが並んで入るようなラーメン屋さんでは、私の払っている600円のラーメン代が売り上げの2000分の一でしかありません。
ところが10人しか来ないラーメン店では私の600円が10分の一の売り上げを占めるのです。喜ばれ方が全然違います。


私も、できるだけ喜んでもらえる使い方を心がけています。

会社の近くに、本当においしいお酒だけを吟味して置いているお店があります。
田舎なのに、オーガニックワインなども数は少ないですが

どれを取ってもおいしいので安心して買うことができます。

ディスカウント店へ行けば同じ商品を安く手に入れることができます。

しかし、店は小さいですが、季節のお花が生けてあったり

古物を再利用してのディスプレイなど

頑張ってるのが伝わりますので

私は少々値段が高くても、そのお店を応援するつもりで
買っています。

顔なじみになったので、ワインの会などにも誘っていただけるように
なりました。

そういうちょっとしたことがこちらもうれしく
またあの店で買おうと思うのですよね。










posted by むらさき358 at 13:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | はやらない店でお金を使うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。