2009年04月11日

人生はオセロだ

小林正観さん新刊書「魅力的な人々」は一般書店では購入できません。

こちらのありがとう書店さんで購入できます。

宝来社・弘園社などのアマゾン・楽天ブックスで購入できない本はこちらで購入できます。
小林正観さん専門店@ありがとう書店さん



正観さんのどの本に「人生はオセロ」という話が載っています。

ご存知の方も多いですよね。

自分の心 次第で過去は一瞬で違うものになるということです。

私もずっと

主人の病気は改善の兆候は見られないし

主人からは ぜんぜん愛されないし 大切にされないし

私ばっかり働いて

義父母も経済的に応援してくれないし ぶつぶつぶつぶつ・・・・エンドレス

なんて不幸なんだ〜〜〜〜〜と思ってきました。

そう思うのだからそういう現実が続くのは当然です。

しかし 今年に入ってから

ツイてることに気が付いたのです。

私ってなんて強運なんだろうと思うのです。

それはこじつけと言われようが関係ありません。

私の心がそう思うのだからそれで良いのです!

みなさんにも
自分のツイテル人生を振り返ることをお勧めします。

例えば私のツイテルことですが

1.日本に生まれたこと(小林正観さんの本を読んでいる人はわかりますね。)

2.女性で生まれたこと

子供が生めるし、おしゃれができる。
自由度が男性より高い(これも正観さんを読めば書いてある)

3.田舎に生まれ、生活していること

空気がきれいで水が美味しいので何でも美味しい。
都会へ行くとカルチャーショックを受けられる。
これが東京で生まれ育っていたら・・どこでショックを受けるのかね?
世界進出するしかないかもね。

占い師の生活には絶対自然が不可欠だと思います。
自然界のエネルギーを受けると直感も冴えるし。

4.健康であること
これは非常に有難いです。
本当に私の体を丈夫に生んでくれた両親に感謝です。

5.仕事があること

昔から就職先には恵まれていたので
いつも就職先に関しては「ツイテル」と思っていたから
ツイテルのかも。

6.友達が素敵♪

私の友達は非常に有能な子ばかりだ!
だからみんなが私にいろいろ教えてくれる。
本当にありがとう!

7.主人が病気になったこと

これがやはり人生最大の山であり鍵だったと思う。
(まだ人生中盤ですけどね〜)

自殺未遂何度やっても死なないし。
私を未亡人にさせなかった。私ってツイテル!
(しかし、その時は 私と子供を置いて死ぬ気か?
この薄情ものめーーーーっと思っていたけどね)

こんなにも強い私にしてくれてありがとう!
あなたが居たから今の私がある。

配偶者はやっぱり「砥石です!」(これも正観さんを読めばわかる)

今までの経験が占いの仕事で非常に役立っている!

この経験は金では買えない。



8。どちらの両親もいまだ健在!

兄姉も元気!

9.子供も元気!

10.犬も元気!

11.・・・・・・・もう挙げたらきりがない。


でも、ご主人 お仕事行ってないんでしょ?という

突っ込みはしないで下さい!笑

たまには行ってます!爆

不幸の根源は主人ではないということが分かったのです。


正観さんが何度も書かれているように

幸せは自分の「こころ」で感じるものなんですぅ〜〜〜と

言いたかったのですわ。

突っ走って書いてしまったので
エネルギーチャージしないと
当分書けないかもしれません。爆


今日もお立ち寄り頂き
ありがとうございます!!

posted by むらさき358 at 11:07 | Comment(5) | TrackBack(0) | 人生のシナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

田舎暮らし

こんにちは

昨日 兵庫県に住む方から一本の電話がありました。

「仕事はありませんか?そちらで暮らしたいのですけど」

一年に2.3人こういう方からの突然の電話があります。

県内の3箇所に電話をしたのだけど

こちらがいちばん田舎そうなので・・・・ということでした。

はぃ、ど田舎です。

不便ですよ。と言いました。

大学病院までは車で50分

食品類はスーパーがありますけど

大きなデパートなどは車で40分

高校も汽車で通学になります。

子供の学校のこと・家族の入院など考えるとやはり不便だなぁと感じていました。

しかし、ある人はこんな田舎に住みたいと言ってくる。

少々たずねてみると

今は一部上場企業に勤めておられるとのこと・・・・

それをなぜ?

農業・漁業・林業で食べて行くのって大変なんですよ。と私


しかし、彼もそういうシナリオを書いて生まれて来たのでしょう。

それが実現するかどうかはまだ時間が掛かりそうですが

このように人生を自ら180度変えようとしている人もいるんですよね。

感心したのが、奥様があなたの好きなようにしなさい。と言われたそうなんです。

へぇ〜〜〜〜

私なら・・・一部上場企業のほうがやっぱりいいなぁ〜と(まだ凡夫の域)

私も喜ばれる存在になるために

夢の実現を少しお手伝いしようと思います。

もし実現できなくても、それもシナリオ通り・・・・

ああ〜そうなりましたか。です。

こんな田舎に住みたいと言ってくる人もいる・・・

なんだか少し誇らしい気分になりました。

今日もここへ立ち寄って下さって

ありがとう。














posted by むらさき358 at 10:21 | Comment(8) | TrackBack(0) | 人生のシナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

仕事復帰

お久しぶりです。

なかなか更新が出来ませんでした。

ここへ来て下さる方にご報告があります。

2年2ヶ月ぶりに夫は、職場へ復帰致しました。

ぎりぎりまで

「出るの?出ないの?」の状況ではありましたが

本人もようやく腹を括ったようでした。

私も、退職になっても、それも人生だと

覚悟はしていましたが、どうにかこうにか首の皮が繋がったようです。

お盆には、ご先祖様への報告と実家の両親にも

挨拶に行ってきました。

母もたいへん喜んでくれました。(二年間ずいぶん心配かけたので)


夫は仕事はもう頑張らないそうです。(それを待ち望んでいました)

夫の良いところ

それは、誰に対しても笑顔で接することができる人でした。

病によってそれは消えていたのですけど・・・・

正観さんの言われるように

いつもにこにこしていてくれたらと思っています。

仕事が多少遅くても喜ばれる存在にはなれるはず


夫は職場復帰はしましたが、治ったわけではありません。

薬も飲み続けています。

これからも、またダウンすることもあると思います。

その時は「ああ、そうなりましたか」と淡々と受け止めようと思います。(大丈夫かしら?・・・ちょっと不安・・・笑)

何度もくじけそうになったとき、有難いコメントや応援のコメントを

頂きました。本当にありがとうございます。

凡夫の私は、また3歩も4歩も後退することがあるかもしれません。

まだまだ修行の身ですから・・・・

これからも、そ・わ・かの実践をして行きます。

今後ともよろしくお願い致します。


今日もここへ立ち寄って下さって


ありがとう。本当にありがとう。






posted by むらさき358 at 14:30 | Comment(13) | TrackBack(0) | 人生のシナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

結婚の意味

おはようございます。

今日は少し晴れ間が出そうですね。お洗濯日和になるかもしれません。

私の周りには、独身の女性が割りと多いです。

義姉も結婚してませんしね。

以前読んだ本に、正観さんは

結婚とは幼児性との決別と書かれていましたが

今日読んだ「こころの宝島」には

自我が強い人ほど、結婚をし、子供が生まれ、同居の数が多いという
ことになっているようです。

結婚をしないですむようなら、それは「あなたの人格はそのままで

よいから、結婚生活で使うであろうエネルギーを

世のため人のために使いなさい」と言われているに違いありません。

結婚、結婚と考えずに、自分のエネルギーの余力を何にどう使うかを

ぜひ考えてください」
とありました。


なるほど・・・

私は相当自我が強い人間だったのでしょう。

独身の頃、会社の同僚などを見渡しても

一番、同居に向いていない私が同居することになったり

優しくて姑ともやっていけそうな子が長男と結婚するのに

別居できたり・・・・

そういう法則になっていたのですね。

結婚とは、本当に砥石です。

私もまだまだ磨いている最中なのです。

そして、独身の知人にはこの話を聞かせたいなと

思いました。

だって結婚できない・・・ではないのはなく

今のままで十分素晴らしいということなのですから。


今日もここへ立ち寄って下さって

ありがとう。
posted by むらさき358 at 10:02 | Comment(8) | TrackBack(0) | 人生のシナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

シナリオ論

こんにちは

今日は思いっきり宣伝になるかもしれません。

昨日の日記のコメントで

どこまでがシナリオなのでしょう?というコメントを頂きましたので

それに的確なお返事はないかと、正観さんの本を読み返しました。




この本の最後のページは正観さんのQ&Aになっており

とても分かりやすくシナリオについて書かれています。

読んでみてくださいね。

ただ、それを信じるか信じないかは自由なのです。

正観さんを最近知られた方はどの本を読んでいいのか分からない方も

この本はぜひオススメしたいと思います。


そして、思わず私も読み入ってしまいました。

その中に

〜過去をいくら悔やんでも無意味だし、来てもいない未来を

いくら心配しても無意味なんです。

私が今できるのは、目の前の人を抱きしめるだけ。

過ぎてしまった人は、抱きしめられない。

来てもいない、未だいない人を抱きしめたくても

絶対抱きしめられない。

自分の選択の連続として未来があるんです。〜



だから、あれこれ心配するだけ

無駄ですよ〜〜ってことですね。

私は凡夫なので、未来に不安を感じ・・・悩み・・また

読み返して という感じです。(何度でもやります。笑)


今日また読み返すこともシナリオに書いていたんですね。

あ〜やっぱり、この本

多くの人に読んで頂きたいです。

私があれこれ言うより早いですから。

最後のQ&Aは

戦争を起こした人を許せないが・・・という質問が正観さんに
投げかけてあります。

この答えをぜひ読んで頂きたいです。

私も毎日流れる、悲惨なニュースに憤りを感じることは少なくありません。

しかし
・・・正観さんは仰っています。

答えを理解するのは難しくないと思います。


つづきはこの本で楽しい人生を生きる宇宙法則

今日もここへ立ち寄って下さって

ありがとう











posted by むらさき358 at 14:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 人生のシナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

幸せ秤

義母は3姉妹です。

長女 義母より2つ上
   家族7人暮らし
   お金はた〜〜ぷりある^^
   数年前に倒れてから半身不随
   痴呆も出てきている
   嫁との関係がうまく行かず

義母 72歳 
   うつ病の息子(私の夫)を案じている
   家族6人暮らし
   少し貧乏
   足腰は痛がるものの、膠原病も克服
   運転もできる。
   家族仲良し^^

妹  義母より3つ下
   娘を4歳の時に亡くす。
   家族3人暮らし
   お金はた〜ぷりある。(昨年二軒目の家を新築)^^
   夫が気難しくて何事も自由がない
   もう一人の娘がシングルマザーとなりそれが気がかり

義母は時々

涙にくれることがあります。

姉妹と比べて自分が一番不幸だと思っているのです。

その時、私がいつも話すことがあります。
(自分に言い聞かせている部分が大きいんですけどね)

幸せを量る「幸せ秤」なんてどこにも存在しない。

右の天秤に「幸せ」を

左の天秤に「不幸」を乗せたらきっとうまくバランスが取れるでしょう。

おばさんたちの「幸・不幸」を量っても

右だけが傾くことはないと思います。

たった3人の例でしか話してないですけど

これで十分サンプルとして使えると思っています。

正観さんもいつも言われていますが

「幸・不幸は自分の心が決めるもの」

おばさんたちは、一見お金の不自由もなく暮らしていますが

嫁との関係がなかなか修復できませんし

親として最大の悲しみ子供を亡くすという経験をしています。

3人をとっても順位なんて付けられません。

「お義母さん、比べるのやめにしようね」

と、慰めているいつのも話を紹介させて頂きました。

どんな状況でも、自分が幸せだと思っている人が

幸せなんですよね。

今日も私は幸せです。ありがとう。

小林正観さんの新刊書もう読まれましたか?

「そ・わ・か」の法則

楽しく上手にお金とつきあう











   
posted by むらさき358 at 11:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 人生のシナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

誕生日

こんにちは

昨日は息子の誕生日でした。

夕飯は何がいい?と聞くと

「カルボナーラ!!!」とリクエスト

ほっ (良かった焼肉と言われなくて・・・)

食事の時

「ママを選んで生まれてきてくれてありがとね」と

言いました。

シナリオを書いて生まれてきたのなら

この父親を持ち母親を持つということも覚悟の上だったのでしょう。

もっと裕福で家族が健康な家を選ぶことも出来たでしょう。

でも、私たちを選んでくれた。

感謝です。本当にありがとう。

そして、私も今までのことを振り返り

心の中で「がんばってきたね」と褒めてやりました。笑

これから先も元気で素直にと願いました。

そして、子供を生んでからは自分の誕生日には

母に感謝する日に変わりました。

そういえば、来月は「母の日」ですね。

遠く離れて生活されてる方は、心を形にされるのも

良いかと思います。

一緒に暮らしている人は、母の日と言って特別なことを

しなくても、日々感謝を現したいものですね。

今日もここへ立ち寄ってくださって

ありがとう。

小林正観さんの新刊書が二冊も出ました!




posted by むらさき358 at 08:31 | Comment(5) | TrackBack(0) | 人生のシナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

友達

おはようございます。

私はあまり友達が多いほうではありません。

たぶん少ないほうでしょう。

なので、たまにメールとか電話をもらうと異常に喜びます。

あの人どうしてるかな?と思っていて

偶然(いえ、必然ですね)に電話をもらったりするのも

サプライズでとてもうれしく感じます。

昨日も友人の話が聞きたいと思い

メールをすると

「OK!そっちに行くよ」と返事をもらい

久々にお話できました。

それも、相手の事情も分からなかったのですけど

たぶん大丈夫という勘が働いたのです。

楽しくてあっという間に時間は過ぎていきます。

こんな年になって、心の中を全部話せる友達が

できたことに感謝しています。

高校卒業の時、先生が

本当の友達は高校まででしか出来ないから

今の友達を大事にするんだよ という内容の言葉を

頂いたのですが

先生・・あれ間違ってます♪

その友人ももちろん小林正観さんの大ファン

津留晃一さんのお話も私に分かりやすく

教えてくれる有難い友人です。

津留さんの本はこちら


小林正観さんの新刊書はこちら
「そ・わ・か」の法則
posted by むらさき358 at 10:06 | Comment(10) | TrackBack(0) | 人生のシナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

合格発表

今日は我が家にとっては久しぶりの良い知らせがありました。

夫の姉、つまり私の義姉ですが

45歳 看護士に合格しました。

義姉から合格のメールを受け取った義母は72歳

懸命におめでとうのメールを打ちます。

一文字一文字・・・

手が震えるわと言いながら

義姉は独りで生きていくことを決めてから

看護婦の勉強を始めました。

30歳ごろに一度看護学校に行こうか迷っていた時が

あったのですが、その頃はまだ彼氏もいたりして

踏み切れなかったのでしょう。

あの時思い切って決断していたら・・・と思いますが

それが義姉のシナリオだったのでしょうね。

回り道でもけっして無駄なことは何ひとつ無かったと思います。

私はこれからどんなシナリオを書いているのでしょう?

そう思うとわくわくしますね。

お姉さんおめでとうと言いたいです。


今日もここへ立ち寄って下さって

ありがとう。
posted by むらさき358 at 18:40 | Comment(5) | TrackBack(0) | 人生のシナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

シナリオどおり

久しぶりの更新です。

昨日はシーサーのメンテナンスで、せっかく来て頂いた方にも申し訳なかったです。ごめんなさい。

体調を崩して休んでいたのですが、寝ている時も

時々正観さんの本を読み返しながら過ごしました。



この本の中に「人生は生まれる前のシナリオどおり」とあります。


右に乗ったら八戸・左へ行ったら新潟

では、どちらを選んでもいいではないかという状況でプラットホームにあがってくる人はいません。

必ず ある因果関係を持ち八戸方面へ行くという目的を持って上がってきて

八戸行きの列車に乗り込みます。あるいは新潟へ・・・

どちらも自由に選べるという状況でそのプラットホームに上げってくる人は

いないのです。

自由選択できるように思えているだけで、実は自由選択をしているという

ことはどこにもないのかもしれません。


〜釈迦の教えは「感謝」だったより〜(途中私の言葉になっています。)ゴメンナサイ

こんなはずじゃなかった・・・ということはないのですよね。

すべてこうなるようになっていた。

病に伏している時、私が働けなくなったらどうなるのだろう・・・

と思うと不安で涙が出てきました。

まだ来てもいない現実にただ、自分の妄想で不安を抱いている私。


もし、そうなったとしてもそれもシナリオどおりに歩んでいるだけ

でも、何とか元気になって仕事にも出ています。



人生シナリオ論がまた一段とストンと心に入った感じでした。


今日もここへ立ち寄ってくださって

ありがとう。
posted by むらさき358 at 12:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 人生のシナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

この先もすべて書いて生まれてきた

11月16日発売になったばかりの新刊書です。




小林正観さんは今年ほど本を出版された年はなかったのではないでしょうか?

おかげで私の本棚もいっぱいになってきましたよ。



みなさんは、今の恋人あるいは配偶者に出会った時

何か感じるものがありましたか?

私は夫に出会った時、「この人とは一生関わっていく人だ」と直感しました。

それからだいぶ長い間の交際があって結婚に至ったわけですが

今までの6年間の間には、私自身がどうにもこうにも

辛くて実家に逃げ帰りたいと思ったこともあります。

でもそれもシナリオに書いてなかったようで

今もこうして一緒に暮らしています。

縁とは実に不思議なものですね。

一生この人と関わっていくという私の直感は

当りたぶんこの先も今のところはここにいるつもりです。

知人の占い師は

「あなたは ぜったいこの地から出て行くよ」と言われてますが

シナリオに書いていれば、この先出て行くこともあるかもしれませんね。

どっちでもいいんです。

もうお任せですからね。

そういうふうに思うと とても楽です。

楽しいです。

主人がトイレ掃除を始めたこともシナリオに書いてあったんでしょう。

義母が言うには、

「何年も毎日掃除を続けてきたけど、私はあんなに徹底的にやったことは
なかったよ」と

それくらい徹底的に掃除しているらしいです。

その話を聞いて

「パパ、ありがとね。どんな気持ちでやってるの?」と聞くと


「リハビリのつもりでやってる」んだそうです。

少しは仕事への復帰の気持ちもまだ残ってるということでしょうか。

ちょっとだけうれしい会話でした。

今日も生きてくれてありがとう。





posted by むらさき358 at 11:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 人生のシナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

小林正観さんとの出会い

ワタシが正観さんに出会ったのは

4年前のことでした。

義姉が「これ読んでみたら?」と差し出してくれた一冊の本

それが小林正観さんとの出会いです。

はじめの一冊は「幸せの宇宙構造」でした。

そこには、人生は決まっているということ。が書いてありました。

人は生まれてくる前に、自分の人生のシナリオを書いて生まれてくる

では、なぜ

ワタシは、こんなにも苦しい人生を書いてきたのか?

そこがまず、腑に落ちませんでした。

そこから

なぜ?

どうして?

が始まり、どんどん知りたくなりました。

今は、小林正観さんの「見方道アドバイザー講座」を受講しています。

今度は11月にあるのです。

それがとても楽しみです。

これからも日々感じたこと

を正観さん的に綴っていきたいと思います。
posted by むらさき358 at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 人生のシナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。