2013年03月26日

メール鑑定の良いところ

算命学の対面鑑定は以前場所を提供して下さるところがあったので

そこを借りてやっていたのですが 今はそこも無くなり

メール鑑定を主としてやってきておりました。

メール鑑定の良いところは

「生年月日」しか情報がないということです。

対面だとその方の顔・体形・雰囲気などの情報が逆に邪魔になることもあります。

算命学での星の情報は意味がたくさんあり

それをどう繋げて行くかは 占い師の力量となるところだと思います。

星の情報からその方に今一番必要な情報を取り出し伝えてあげることに

全力を注ぎます。

小林正観さんの「358の意味」で検索が相変わらず多いのですが

正観さんも名前の画数が358であり、私の本名も358の画数です。

名前に画数に358がある人は宇宙と繋がりやすいと書かれていましたが

そんなところで私は少し得をしているかもしれません。

インスピレーションも使いますが しっかりとした算命学に基づき

鑑定を行いますからご安心下さい。





 
posted by むらさき358 at 08:54 | Comment(1) | 算命学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
御免下さい〜^^
元気ですか〜

つい昨夜、あるブログの正観さんの記事にコメントしようとしたところ、5桁の認証番号があって、なんと『85358』でした。偶然とはいえなんかすごいと思いました。

今日は息子が中総体で卓球の試合なんです。
これから応援に行きます。

私の職場は行政からすっかり目を付けられていて、ヤバくて仕事変えたいです〜(悲鳴)
でも、私それなりにこれまで運よく生きて来れて、悪運が強いのかなあ、なんて思います(汗)

では、では^^

Posted by ベージュ at 2013年06月08日 09:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。