2008年10月10日

あなたには家族がいる

主人はまた仕事を休んでいます。

もう一ヶ月以上経ちました。

ま、いつものことです。

朝は私が仕事に出るときも寝床にいるので一体いつ起きるのか

分かりません。

そんな主人のことは、もう放っておいて・・・

私は毎朝 子供たちを学校に見送るひと時に一番の

幸せを感じています。

上の子は照れくさいらしく、毎朝 ぷぃっと行ってしまいます。

これも成長の証

下の子は 姿が見えなくなるまで笑顔で手を振ってくれます。

これがいいんですよね〜〜〜。

毎朝 感動的な映画を自作自演で 撮っている感覚に襲われます。笑

で、ふと思ったんです。

こんな感動的な朝をあの人(主人)は寝ているなんて

許せん!もったいない!(生きている時間には限りがあるのっ)

いい加減にせいや〜〜〜〜〜(私のつぶやき)

そして夜 主人が 竹脇無我のうつ病の本を読んで泣けたと話すので

「それよりもっと感動的なことがある!
明日は早起きして下さい!」とお願いしました。

今朝は 夫婦で

二人の子を見送りました。

どんな感動的な本より、ドラマより

毎日の日常にこんなに素敵なことが起こっているということに

気がついて欲しかったんです。

うつ病だからって寝てばかりいてはもったいない!

前を見ろ!あなたには家族がいる!

と心のなかで私は叫びましたよ〜〜

もう特別扱いはせんっ覚悟しろ〜〜〜笑



このページをみつけてくれて

ありがとう^^

小林正観さん公式HP

宝来社・弘園社などのアマゾン・楽天ブックスで購入できない本は
こちらで購入できます。

ありがとう書店







posted by むらさき358 at 16:27 | Comment(7) | TrackBack(0) | むらさきの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

だんだん

こんにちは

今週月曜日から NHKの朝の連続テレビ小説

「だんだん」が始まりました。

実は私の生まれ育った街が、あのドラマの舞台の島根県

松江市です。

お昼休みにちょこっと初めて見ることができました。

私はあの町で育ちました。

今日テレビに映し出された 大橋も 学生の頃

朝に夕に 自転車で走った思い出の橋です。

怪談で有名な小泉八雲は、この大橋を渡る人のカラコロという下駄の

音に感心を寄せたそうです。


さてさて、このドラマですが

出雲方言にびっくりされるかもしれないですね。汗

関西弁のようなかっこよくもないですし、九州のような

潔くもありません。

ダサいですが、笑える方言です。

まぁここの読者は数少ないのですが

むらさきさんはこんな言葉で

つぶやきながらこの日記を書いているんだなぁと想像してくださいね!

そうそう   タイトルの「だんだん」ですが

出雲方言で「ありがとう」のことなんです。

私はあまり「だんだん」は使いません。

小林正観さんの本を読むと

サンキューでもメルシーでもなく、

やはり「ありがとう」が一番だと書いてありますしね。

方言も大切にしながら、ありがとうの実践者でいたいと思います。


このページを見つけてくださって

ありがとう^^





 
posted by むらさき358 at 16:47 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。